FC2ブログ

よしよし 2018年9月24日

嬉しがってフェイスブックにも書きましたが。

最近は忙しくさせていただいています。

うちとしては珍しいことです。


しかし、いろんな話を見聞きしていると、どうやらそれなりの同業社さんが忙しくされているみたいです。



いままではよそさんが忙しくてもうちはそうでもないということばかりでした。

浮いた存在だったのです。


今回はまぐれかもしれませんが、この業界に入り込むことができた実感が持ててうれしいです。


でも、忙しさって長続きしないことも分かっていますけどね。

気を緩めずに頑張っていきます。


丸萬ヨ

「アクセス」と「交通アクセス」 ウェブサイトにおける表記について 2018年9月2日

ホームページに新商品を掲載するのは6か月ほどさぼっています。(ちなみにブログもこないだまでさぼっていました)

私のずぼらな性格がここまで如実に出たのは今年が初めてです。(実はいままでは頑張っていたのです。)

そこで、くだらない話なのですが、丸萬HPで個人的には会心と思う変更を行いましたので聞いてやってもらえますでしょうか。





その会心の変更とは、地図で会社の位置を記すページへのリンクについて

「アクセス」としていたのを、「交通アクセス」に変更したことです↓
koutuu.jpg


「なーんだ、そんなくだらないことか」とお思いの方も多いでしょう。
(最初に断っておきましたよ)

でも中には、「うんうん、それってけっこう大事やわな」と言ってくれる人もいると思っています。




ただ単に「アクセス」だと、そのボタンをクリックするとメールが起動してしまうウェブサイトがあるのですよね。

つまり、ネットで連絡を取るという意味での「アクセス」のボタンになっているのです。

「実店舗に行くための地図を見たかったのに何でメールが起動するねん」ってイライラしたことがあるのは私だけではないはず。

ですので、そういう事情を踏まえた最近のウェブサイトは、地図ページへのリンクについては明確に「交通アクセス」という表記をしているところが多くなっていると思います。




丸萬ウェブサイトも変更したほうがいいなと数年前からずーーーと気になっていたのですが、なかなかその部分には手を付けずじまいでした。

そんな中、半年も新商品の更新を怠り、久しぶりに何かをしないといけないとは焦りながらもなお新商品の更新だけは怠りたいと思う今の自分に、この変更はもってこいだったのです。




こういう微細かもしれない変更を積み重ねていくことが、見る人にとって気持ち良いページになると信じて取り組んでいきたいと思います。



丸萬ヨ

材木屋ってけっこう地味な商売です 2018年8月30日

夏バテか、少し体調を崩してしまいました。

周りを見ても、私ほど頻繁に体調を崩している人は見かけません。

皆さん多少無理することがあっても、社会人としての体調管理を行っているからだと思います。

それに引き換え私は、

大したことをしているわけでもないのに

何かあったらすぐ体調を崩して平気で会社を休んでしまいます。

今回も大事な約束をキャンセルさせていただきました。

今後は無理をせず、がんばっていきたいと思います。





さて、またしてもブログを1か月以上放置し広告が表示されたので何か書くわけですが。

木の管理って難しいと思いました。

たとえば、ある程度の木の塊から、注文のあったサイズを切り出すと、写真のような端材が出来るわけです↓
20180819160651.jpg

注文の材を切り出したからといって元が取れたわけでもなく、かりに取れていたとしてもこのような端材を捨ててしまうのはもったいないわけです。

この大きさでとれる注文が来れば使えるわけですし。

つまり、どこかに保管してやらないといけません。


でも、長さが4mもあって皮肌もついていたり曲がっていたりしているものを立てておくのも不安定ですし。

ならこのままどこかに積まないといけないと思うものの、積むにしても不安定。


困るに困ってしまいます。


しかし、いかにこのような材を保管して次に備えるかが材木屋の仕事でもあります。

昔ならばひっきりなしに需要があったので、ある程度儲ければ捨てたほうが管理上好ましい場合があったかもしれません。

ところが今はそれほど需要がないだけでなく、資源が枯渇してきている現代において、捨てるのは資源の有効活用の面からもふさわしくはありません。



材木屋って、このようにけっこう地味な商売かなと思いますよ。

ま、こういうのが次に当てはまると楽しかったりするのですけどね。

丸萬ヨ

私が無駄に疲れるなと感じているけどやめられないこと2018年7月24日

猛暑というより酷暑といわれるこの夏。

昨日は埼玉縣熊谷市で日本最高の41.1℃を記録したニュースが流れていました。

京都もそれなりに暑く、7月19日は39.8℃になりましたし。

2週間ほど続く記録的な酷暑を気象庁は「命の危険がある暑さ。災害と認識している」と表明したそうです。

情報に影響されやすい私は「そんなに暑いんだ」と思い込んでか、夏バテで会社を休む始末です。





家で休んでいる間、何もしないのも気が引けるので新しく買ったノートパソコンのセットアップをしてみました。

ソフト(アプリ?)をインストールするとき、たいてい「何パーセントまでインストールが完了しました」的な表示が出ます。

完了するまでの間、何か別のことをしていればよいのですが、私の場合少しずつパーセントが上がっていくのを見届けないと気が済まないところがあります。

もしかすれば30分とかかかるかもしれないのに、それをじっと見ているのです。
(たいていは30分もかかりませんが)

普通の人はそれが終わるまでほかのことをして、時々終わったかを確認し、終わっていたら次のステップに進むでしょう。

しかし私は融通が利かず、インストールに取り掛かるとそれしかできなくなるのです。典型的ないのしし年生まれ。

楽しんでいればまだ良いものの、結構苦痛に感じています。



そして終わったとき、見届けたことで緊張が解かれ、疲れ果てて何もできなくなってしまっています。

典型的な仕事が出来ないタイプ。自分でも困っていますがどうしようもありません。






新しいパソコンの電源を入れるとまず、促される最低限の設定を済ませなければいけません。

それがすめば、好きなブラウザー(クローム)とアンチウィルスソフト(マカフィー)をダウンロードします。

そしてその後、ハードディスクのパーテーションを分割します。つまりOS用の部屋(フォルダー)と写真などのデータ用の部屋を別にする作業です(使い始め時は一つの部屋しかないので)。

今まではEaseUSというソフトをダウンロードして分割していました↓
https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html
マルチに使えてオススメできます。
しかし今回はWindows管理ツールに入っている「コンピューターの管理」の「ディスクの管理」でやりました。

意外と簡単。まっさらの状態からの分割だけならこれで十分。

ハードディスクの容量が多いと(今まで500G→今回1000G)パソコンに無理がかからない気がして気に入っています。





分割後のフォルダーに写真などデータを移行したのち、日ごろよく使うソフトをダウンロード。
(アクロバットリーダー、ピクチャーマネージャー、ドロップボックス)

その間にたまっていた更新プログラムがインストールされているといったところでしょうか。

あとは、会社においてあるソフトをインストールします。
(ホームページビルダー、フォトショップエレメンツ、ワード、エクセル)





このパソコンの購入を機に、家庭用と仕事用でパソコンを分けることにしました。

今まではすべて1台で行っていたのでパソコンを酷使して調子が悪かったのかもしれません。

画面が真っ暗になることが度々起こっていました。

これからはハードディスクがスカスカなパソコンをそれぞれ一日に少しずつ使うようにして、長持ちさせたいと思います。


丸萬

いちょうまな板厚み約100mm(10cm)2018年7月6日

そろそろ月一回のブログ更新時期が近づいてきましたので書きます。
(ひと月以上ほったらかしておくとブログにその旨の広告が表示されてしまい、体裁悪いのですよね)



弊社は、今となっては材木の「何でも屋」です。

ひと昔は建具屋さん向けの建具材(スプルース、米ヒバ、米桧)専門材木屋でした。

実はその前は銘木屋でしたけど。

はたまたその前は木工機械屋でした。(今はそれらすべてを商っています)。

時代の流れとともに業態が変わってきているのです。よくある話。




今、日本に残っている材木屋さんは何でも屋のようなところが多いと思います。

木を使わない時代と人口減少時代が同時に来たことにより、特化している商材だけでは生き残っていくだけの需要がなくなりつつあるからです。

何かに特化するより、少しでも何か商売に引っかかるようアンテナを広く張っておく方が生き残りやすいのも必然です。


もちろん特化にこだわって商売を続けるというのもありでしょう。うまくいっている例を知らないわけではありません。

しかし弊社は「特化」へのこだわりが皆無です(というより目新しい物好き)。

そのこだわりのなさが時代に順応できているとかっこよく考えることもできますが。

決してそうではありません。

「順応」は全くできていず、ただやみくもに進んでいるだけです。




前置きが長くなりました。

弊社が材木の「何でも屋」としてやみくもに進んでいる例を一つ挙げるとすれば「まな板屋」です↓
IMGP4666z-0.jpg
どうです。素晴らしでしょう(自画自賛)。

厚みが約100mm(10cm)もあります(厳密には95mm)。

まな板販売もやみくもに始めて以来、これまでに数多くお任せいただけ、

おかげさまで多くの実績を残すことが出来ました↓
http://maruman-kyoto.com/counter_sekoureib_manaita_ichou.html
そして今となっては主要な商材の一つとなっています。


最初はイチョウなんて売れるとは夢にも思わずただ在庫があるだけでした。

それがたまたま売れまして、「おお、イチョウがまな板として売れるんや」と気づき取り扱いを本格化し始めたのです。

それが、もはや弊社は「まな板屋」でもあると自負しています。

もとよりカウンター材に力を入れていて、和食店様だとカウンターにまな板はつきものですから派生した商材になるのですけどね。



イチョウまな板まだまだいろいろ在庫していますのでぜひお任せください(最後は宣伝)。


では

丸萬ヨ

プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR