FC2ブログ

ホームページ上の売り切れ商品数 2020年3月17日

ネット販売ページでたまに「品切れ」「売り切れ」などがそのままになっているのを見ます。

とくに、木材のような一点ものの商品を扱うページに多い気が(はい、うちもです)。





同じネット販売業者としてこれはある程度仕方ないと思います。

そもそもホームページなんて本業ではないわけですから、優先的に時間を割けるわけではない。(リアルな接客や商談、仕入れなどが優先される)。

ホームページ製作業者さんにアップをお願いするにしても、お願いするための準備はそれなりの仕事量で、そもそも誰かに仕事を「お願いする」こと自体結構な仕事なわけです(わかるように伝えるために気を使ったり)。

自分でアップや更新をするとしても、どの商品を載せようかなど考えたり写真を撮ったり、場合によっては写真を撮る場所を掃除するところから始める必要があります。

そうしたホームページ掲載までのハードルはなかなかのもので、ほったらかしになっているのはとてもわかるのです。

でも、それはとても大きなチャンスを逃しているとも思います。





最近強く思うのは、作ったページを見てもらうのは、とても奇跡的だということです。

こちらが「どうや、これはすごいやろう!」と自慢げな商品を世間に投げかけても、なかなか見てもらえないと痛感しています。

「ホームページに掲載したらすぐに売れるでしょう」なんて言われたりしますが、当然そんな甘いものではありません。

誰からも見向きもされていないページは結構あります。




世にある星の数ほどのページをすり抜け、稀有な偶然かご縁によりページにたどり着いてもらえた。

すると「どれどれ、どんなものを売っているのだろう」と興味をもって見るはずです。

販売中の商品なら普通に見るところ、売り切れなら見るテンションはダダ下がり。がっくりくること請け合いです。

がっくりぐらいで済めばまだしも、ともすると「こんな会社は相手にしたくないな」のような否定的な感情が生まれてもおかしくありません。

やる気がないと取られたり、だらしないととられるわけです。

なかなか仕方がないところもあるのですけどね(ならばページそのものを削除すればいいんですけどね)。




現在、うちのホームページで売り切れとなっている数は49。

これまでは売り切れページ数を意識したことはありませんでしたが、今年からは意識してホームページ管理に取り組んでいきたいと思います。

丸萬ヨ
スポンサーサイト



プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR