FC2ブログ

板を接ぐ(はぐ)

IMGP6919-0.jpg
木工「ど素人」の私が、先日当社の家具職人M氏に板の接ぎ(はぎ)方を教わりました。

「板を接ぐ」とは、板と板をくっつけて幅の広い板を作ることです。

当社では私だけ社歴が浅いこともあり木工に明るくありません。

お客様とオーダー家具のお話をする際に木工技術の話は欠かせませんので、勉強のためにいろいろ教えてもらってまして、今回もその一環です。



最初、作る家具に必要な木材の量を図面から割り出して(今回はM氏にやってもらっています・・)倉庫から材料を持って来ることから始めます。

そこから接ぎ終わるまで、細かいのも含めて20工程ほどあって意外と大変なことがわかりました(汗)。

もちろんですが、その一つ一つには意味があるわけでして、一つが終わらないと次に行けないという、まるで数学の証明問題をやっているような気分になります(って、数学は全くできないんですけど、なんとなくそう感じました(笑))。

ただ単に、その工程をこなせばいいというわけではありません。

いかに無駄なく効率的にこなすかが重要になってきます。

慣れないと、なかなか大変です(汗)。

ダメ出しを何度も食らいました(笑)。



上の写真は接ぎ終えたものです。

いやいや、家具の世界は奥が深いです(冷汗)。


京都で無垢オーダー家具の丸萬はこちら↓
http://www.maruman-kyoto.com/
スポンサーサイト



プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR