FC2ブログ

京都の町中を見て感じること 2018年2月4日

京都の町中を見ていると、改装工事や新築工事がそれなりに行われています。

不足が叫ばれて久しい海外観光客向け宿泊施設としての大型ホテル建設などは別にしても、

老朽化が激しく有効活用されてない町家や普通の家が多く、

一般住宅の建設や、個人事業主が行う店舗の改装もところどころで行われているのです。







土地建物が有効活用されるのは好ましいことですが、

それだけ工事が行われているにもかかわらず、弊社に材料などの相談をいただく機会はほとんどありません。

昔に比べるとまだ増えているとはいえ。

京都における弊社の立場を痛感しますね。






そうなっている一番の理由はホームページが機能していないからだと思います。

機能するとは、①知名度をあげることができ、かつ②内容もしっかりしている、ことです。

とくに①ですね。内容がしっかりしていても知られなければ何も始まらないわけですから。





今年はそのあたりを意識してホームページ実務を行う年になりそうです。


中小企業の数は年々減少傾向にあり(1999年は484万→2017年は381万。『中小企業白書2017』から)、

人口減少・高齢化問題や後継ぎ問題などから、

この材木業界もバランスが崩れることが考えられます。

今のうちに会社の足腰を鍛えておき、来るべき激動の波に耐える方法の一つとして、

ホームページの活用があるととらえています。




今までは、木材の掲載商品点数を上げるだけで集客効果が上がっていました。

でも今はそれだけでは伸び悩んでしまう状況にあります。

ほかの手を打たなければ。

時間はそれほど残されていないのかもしれません。



丸萬ヨ
スポンサーサイト
プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR