FC2ブログ

巨木探訪:岐阜県揖斐郡揖斐川町樫原・峰山神社の巨大ドンガ(タブ)2011年10月

IMGP1580-0.jpg
前回の巨木コミュニティ事件で気を良くし、調子に乗ってバイクBMW R1200GSで巨木見学に行ってきました。

岐阜県・揖斐郡は国道303号、樫原トンネルを岐阜市内方面から越えて細く右に入るところにある峰山神社。

ただし、表立って「峰山神社」という名前はどこにも記載されておらず。

303号を滋賀県方面に向かったところの道の駅「星のふるさとふじはし」で地元の方に訊ねましたが、その神社の存在を知っている人はいませんでした。

結局、地元の事務所に電話して確認しました。

上の写真は神社の入り口正面。鳥居左に鎮座する巨木。

目周り6m(推定)程度のケヤキですが、メインはこれにあらず。




境内に入っていくと、太い木がボコボコ生えていてテンションあがります↓
IMGP1562-0.jpg
ネットで事前に調べたところ、タブの巨木があるらしい。

巨木めぐりを始めて以来、なんとなくタブの特徴もわかるようになってきたけど、恥ずかしながらまだ自信を持って「タブだ」と言えるまでには・・・。

上写真左奥に見えるのがどうやらメインらしいな。




クモの巣をかき分け一度メイン巨木のそばまで行って、バイクでも近づけそうな別の経路が確認できたのでチャレンジしてみた。

サスペンションをオフロードモードに切り替え↓
IMGP1579-0.jpg
巨木探訪用にと、このバイクに乗り換えた効果が出て、自己満悦状態。



到着↓
IMGP1566-0.jpg
目周りで7mは越えているというデータがあります。

樹皮を確認し、ネットのとおりタブのような気もしますが、確信できず。

おりしも、地元の方が通りがかったので「あの木は何の木ですか?」と尋ねると。

「ドガ」だとのこと。

ドガ?

「「ドガ」ですか?」と念押しすると、そうだと。

なんだ、「タブ」じゃないじゃん。

と思ったけど。

家に帰り、ネットで調べると、とある方のページで核心的な記述が。

そこには「ドンガ」とありました。

「ドンガとはイヌグスのことで、イヌグスとはタブノキのことです」と。
http://homepage3.nifty.com/ibnzeidoun/arboles/page2/325_donga.htm(勝手に引用・・)
そうか、タブだったのか・・。

地元の方も、「ドンガ」と発音されたのに、私が聞き取れなかったのだ(「ン」が少し小さめだったのかもしれない)。

この「ドンガ」というのはこの地特有の呼び名なのかは不明。

ま、巨木めぐりを続けていると、いつかこの謎も解けることでしょう。

また一つ今後の楽しみができました


このタブも迫力がありますが↓
IMGP1578-0.jpg
タブなら、個人的には福井県・信主神社のタブをお勧めします。

私は巨木に対してゾクっとするような「不気味さ」を求めているところがあり、信主神社のはそれを持ち合わせていると感じたからなのです。

この峰山神社のは、「不気味」よりもむしろ「爽やか」かな。

私が巨木に言う「不気味」というのは、ほめことばなんです。
スポンサーサイト



テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR