FC2ブログ

緊急事態宣言が延長されて―ホームページをいじるしかない 2020年5月6日

今日でゴールデンウイークが終わります。

例年になく道路がすいている連休でした。

外出といえる外出は妻の実家と墓参りの2回だけ(どちらもそう遠くない場所)。

ほぼ自宅にいましたが、連休前仕事でちょっとハードに体を動かしたので、疲れを癒すによい休みになりました。

明日から仕事というこのタイミングでやっと体調が戻ってきましたわ。



さて、緊急事態宣言が5月末までに延長され、企業の皆さまはその対応に考えをめぐらされていると思います。

弊社は自粛要請をされているわけではないので、対応といっても何かするわけではありません。

何回も言っていますが、来るべき時に備えておくだけです。




で、私は何をするかというと結局はホームページをいじるだけ。

この1か月で変えたところがあるので以下記録しておきます。

① 売り切れ商品を大幅に減らした。
② できるだけ日付を入れるようにした。
③ 内容が多くて縦長になっているページには、あいだあいだにページトップに戻れるボタンを設置した。(そして一番下には「樹種別一覧へのリンクを貼った)。
④ 木のおもちゃの種類を増やした



①売り切れ商品を大幅に減らした。
まずはなんといってもこれです。
私の中でちょっとした意識改革でした。

今までは総ページ数を増やすことにしか意識が回っていませんでした。
しかし、少し前に売切れ商品のことを書いたとき、書きながらむしろそれを何とかすることのほうが大事ではないかと気づいたのです(新型コロナウイルス感染者数に対するPCR検査数のようなもの。もう一つの指標との兼ね合いがわかって初めて比率など実際的な判断ができるという話)。
いくら総ページ数が多くても、売り切れページ数もそれなりに多いと、実際の販売ページの比率は低くなります。それではよくないのです。売り切れページ数を把握して初めて内容の濃いウェブサイトが作れるのだと気づきました。

そして売り切れページ自体を削除し、そのページへのリンクも外しました。



ただ、ホームページの構造上、単純に削除すればよいというわけにはいきません。

例えば個別商品ページは下記のようになっています↓
sugi05mhnlklk.jpg
黄色でカッコった部分は同じスギという樹種を商品番号横断的にみるための工夫です。

ここで、仮に商品番号4が売れてページを削除してしまうと、「前のスギ04へ」をクリックしたときに「リンクがありません」となり、商品番号3への道も断たれてしまうわけです。

売り切れればお客様に販売中のほかの商品を見てもらいたい、でも賑わいとして残してもいいのではないかとの二つの気持ちのバランスをとったところで、商品番号列が途切れないように、つまり末番か、末番と連続している商品が共に売り切れた場合にのみ、その部分を削除するようにしました。

具体的には、1、2、、、、、6、7、8とあるとします。

3と8が売れたとすれば、8だけページを削除するわけです。

もし3、4、7、8と売れれば、7と8を削除します。
3と4は売り切れでも1から6までの商品を番号横断的に見れるよう残すわけです。

このやり方で、あらゆる樹種の計10~15ページを削除しました。

売切れページは残り33です。

次の段階として、売切れ番号の間引きを考えます。






②できるだけ日付を入れる
個別商品ページにはアップした日付を入れるようにしています。
そしてその商品を該当するカテゴリーのページにもアップした場合、パッと見でどこが更新されているかわからないと前から気になっていたのです。

どうせ今は暇でイケイケなので、「白木ページ」「杢木ページ」「カウンターページ」など各カテゴリーページの上のほうに日付を入れることにしました。
hidukemihon-0.jpg
ちょっと変化がついたので気に入っています。




③内容が多くて縦長になっているページには、あいだあいだにページトップに戻れるボタンを設置しました(そして一番下には「樹種別一覧へのリンクを貼った)。
 これがどういうときに便利さを発揮するかというと、ブラウザのタブで違うページを見て、丸萬ページに不意に戻った時、これがあるとページトップにすぐに行け、トップに行くと行きたいところにすぐ行けるわけです。
このダイレクト感がなんとも気持ちよいと感じています。すでに私自身ヘビーユーザーになっています(失笑)。
(つけていないページもまだ多いですが)
今の時代、ブラウザのタブでいろんなページを比較しながら見ますからね。
uenimodoruyatu-0.jpg


④木のおもちゃ
木のおもちゃの更新はもともと大型連休中にやることが多かったのです。
今回はムラサキタガヤ、ベリ、ライムウッド、ポプラ、ディベト、パドックを撮影し、ホームページに追加しました。
20200429153153.jpg




と、以上です。

「手入れされているホームページだな」と思っていただけるよう心がけていますが、また一歩その思いに近づいたかなと満足しています。


コロナ後はこのホームページを武器にがんばっていきたいと思います。魅力ある未掲載の新商品も蓄えていますので。

丸萬ヨ

緊急事態宣言5月末まで延長 2020年5月5日

新型コロナウイルス対策としての緊急事態宣言が当初の5月6日までから5月末までに延長されました。
(京都は4月18日発令)

日に日に増加する感染者数をみていたので、発令時点ですでに5月6日では難しいと多くの方が感じていたはずです。

とはいえ、京都だけを見ると4月25日をピークに、新規感染者数と退院者数が逆転し現在の感染者数はわずかですが減少傾向にあります↓
kyotocov19200505.jpg
加えてなによりも心強いのは新規感染者の感染経路がほぼすべて特定されていることです。

ここまでこれたのも、謹んた行動を心がけてきた京都府民の皆さんと、なによりも医療従事者をはじめ多くの最前線の方々の努力のおかげです。

私も府民の一員として少なくとも5月末までは引き続き謹んで行動していきたいと思います。

丸萬ヨ

じわじわきている新型コロナウイルスの影響2020年4月28日

3月25日のブログではコロナの影響はそれほど出ていないと書きました。
(仕事は減っているがそれがコロナのせいかはわからないという意味で)

それから1か月が経ち、いよいよ顕著になってきました。


ご相談をいただいていたにもかかわらず「コロナのせい」でなくなった案件が増えています。

はっきりしていないけれどほぼ間違いない案件もあり。

これから本格的にコロナショックを受けることになりそうです。



いま、同業者様や類似業者様の中には倉庫整理など、内部的な体制の立て直し・強化をされているところがあります。

うちもその線が濃厚です(すでに側溝の掃除を行ったりしています)。

収束後を見越して動きます。


丸萬ヨ

新型コロナで祇園祭の山鉾巡行中止が決定2020年4月20日

あらゆるイベントを中止にしてきた新型コロナウイルス。

東京オリンピック2020もそう(延期)ですが、京都が誇る祇園祭の山鉾巡行までもとうとう中止に追いやってしまいました。

あなおそるべし(古文風)。

疫病退散への祈りが祇園祭の起源というのは有名な話。

コロナ(疫病)でこうなってしまったのは複雑な気持ちです。


コロナ封じを優先すると経済が破綻し、経済をかばうとコロナが広がるという二律背反。

難しい問題と思いますが国や京都の行政トップには知恵を絞って解決してほしいと思います。

丸萬ヨ

緊急事態宣言発令後の弊社の対応2020年4月19日

18日午前0時から京都府でも緊急事態宣言が発令されました。

内容は先に出された7都府県と同等。

つまり、弊社は「工場や作業場」に入り休業要請はされず、適切な感染防止策を講じたうえで営業を行えることになります。
その感染防止策例として以下があげられています。

①従業員や来場者の検温や体調確認
②密閉・密集・密接の3密を避けるための入場制限や換気などの取り組み
③マスクの着用や手洗いの励行、店舗の定期的な消毒
④時差出勤やテレワークの推進
などです。

①は言うに易いが実務は難しい。見るからに体調不良の人には注意喚起するところでしょうか。

②は、もはや常識。入場制限しないといけないほどの人は来ませんが、万一となれば制限などを講じます。
うちは店舗というよりはむしろ工場です。工場は半屋外のような構造で換気は常時できています。事務所はすでに換気を心がけています。

③も常識。換気度合いなどを鑑みてマスクの必要性を肌感覚で判断します。手洗いもしかり。事務所は消毒をある程度することになると思います。

④は適用なし。公共交通機関を使って通勤する従業員が一人もいないので時差出勤は必要なし。テレワークできる仕事でもありません。


と、これまでとほとんど変わらず業務を続けることになりそうです。


営業時間の短縮などは今のところ検討しておりません。
ゴールデンウイークはカレンダー通りとなりそうです(未定)。【4/21追記:カレンダー通りとなりました】

よろしくお願いいたします。

丸萬ヨ
プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR