FC2ブログ

私が無駄に疲れるなと感じているけどやめられないこと2018年7月24日

猛暑というより酷暑といわれるこの夏。

昨日は埼玉縣熊谷市で日本最高の41.1℃を記録したニュースが流れていました。

京都もそれなりに暑く、7月19日は39.8℃になりましたし。

2週間ほど続く記録的な酷暑を気象庁は「命の危険がある暑さ。災害と認識している」と表明したそうです。

情報に影響されやすい私は「そんなに暑いんだ」と思い込んでか、夏バテで会社を休む始末です。





家で休んでいる間、何もしないのも気が引けるので新しく買ったノートパソコンのセットアップをしてみました。

ソフト(アプリ?)をインストールするとき、たいてい「何パーセントまでインストールが完了しました」的な表示が出ます。

完了するまでの間、何か別のことをしていればよいのですが、私の場合少しずつパーセントが上がっていくのを見届けないと気が済まないところがあります。

もしかすれば30分とかかかるかもしれないのに、それをじっと見ているのです。
(たいていは30分もかかりませんが)

普通の人はそれが終わるまでほかのことをして、時々終わったかを確認し、終わっていたら次のステップに進むでしょう。

しかし私は融通が利かず、インストールに取り掛かるとそれしかできなくなるのです。典型的ないのしし年生まれ。

楽しんでいればまだ良いものの、結構苦痛に感じています。



そして終わったとき、見届けたことで緊張が解かれ、疲れ果てて何もできなくなってしまっています。

典型的な仕事が出来ないタイプ。自分でも困っていますがどうしようもありません。






新しいパソコンの電源を入れるとまず、促される最低限の設定を済ませなければいけません。

それがすめば、好きなブラウザー(クローム)とアンチウィルスソフト(マカフィー)をダウンロードします。

そしてその後、ハードディスクのパーテーションを分割します。つまりOS用の部屋(フォルダー)と写真などのデータ用の部屋を別にする作業です(使い始め時は一つの部屋しかないので)。

今まではEaseUSというソフトをダウンロードして分割していました↓
https://jp.easeus.com/partition-manager-software/free.html
マルチに使えてオススメできます。
しかし今回はWindows管理ツールに入っている「コンピューターの管理」の「ディスクの管理」でやりました。

意外と簡単。まっさらの状態からの分割だけならこれで十分。

ハードディスクの容量が多いと(今まで500G→今回1000G)パソコンに無理がかからない気がして気に入っています。





分割後のフォルダーに写真などデータを移行したのち、日ごろよく使うソフトをダウンロード。
(アクロバットリーダー、ピクチャーマネージャー、ドロップボックス)

その間にたまっていた更新プログラムがインストールされているといったところでしょうか。

あとは、会社においてあるソフトをインストールします。
(ホームページビルダー、フォトショップエレメンツ、ワード、エクセル)





このパソコンの購入を機に、家庭用と仕事用でパソコンを分けることにしました。

今まではすべて1台で行っていたのでパソコンを酷使して調子が悪かったのかもしれません。

画面が真っ暗になることが度々起こっていました。

これからはハードディスクがスカスカなパソコンをそれぞれ一日に少しずつ使うようにして、長持ちさせたいと思います。


丸萬
スポンサーサイト

古いパソコンを処分してスッキリ2018年3月29日

ふと、事務所がごちゃごちゃして煩わしいと感じ、ドカッと荷物が積み上げられたところを探ってみると、壊れたパソコンがでてきました。

それも、無駄に大きな箱に入って。

昨年2017年の夏に壊れたデスクトップ型で、データを業者に取り出してもらいそのまま置きっぱなしになっていたのです。

実はもう一台古いデスクトップ型も使わずに事務所のテーブルの上に置いたままにしていました。

壊れて使わなくなったものをいつまでも置いておくことによる負のオーラ全開。

最近仕事がうまくいってない原因はこれらだったのかと無性に捨てたくなり、二台ともデータを消去し、買い取ってくれそうなところに持って行ったのです。
201803271521.jpg
ちょうど仕事も暇でしたので。


すると、その業者さんはさすがプロ。

状態を見るために何時間使用しているかを調べて説明してくれました。

買い取ってもらえる可能性のある方(ウインドウズ8)は10000時間をわずかに超えたところでした。
(もう一つのほうはウインドウズビスタだったので買い取り不可。調べてもらっていません)

10000時間って、一般的にハードディスクが壊れ始める時間らしいです(というか、ウインドウズ10に入れ替えてから調子が悪くなった気がする。ビスタのほうはOSはビスタだけで通して使ってきたので長持ちしたように感じました)。

1日8時間使用したとして3~4年。

まあそれぐらいは使ったかな。

壊れても仕方ないぐらいだったのだなと納得いってスッキリしました。

事務所もスッキリ片付いたので、このタイミングでお客さんが来てくれればうれしいんですけどね(まーそうはうまくいきませんよね)。




ただ、OSも完全消去してしまっていたので、リカバリーディスクがないと買い取れないといわれ。

会社に帰って探してみたけど見つからず。

結局無料で引き取ってもらうことになりました。

今回初めてリカバリーディスクの重要性に気づきました。

今度からちゃんと残すようにします。



リカバリーディスクを探しているとき、肝心のものは出てこなかったけど、とっくの昔に捨てているパソコンの付属品はいっぱい残っていたりして。

これを機にその辺を処分し、運がついてくるようさらに仕向けてみようかな。

そうそう、古い雑誌もたまってきてるし。

仕事が暇なときは、負のオーラを見つけて減らすのがいいかもしれませんね。

丸萬ヨ

納品時にわかる、二流な材木屋の特徴2017年10月16日

最近は天気予報がずっとさえない状態で、絶えず雨の心配をしながら仕事をしている。

先週末からほぼ雨という予報が続き絶望していたところ、

幸い先週の金土は要所要所で雨がやみ、お客様にご覧いただく板を並べたり、月曜朝納品予定の6mカウンターも宵積みができ、かなり救われた。



ところが今日月曜日の朝、ついに逃れることが出来ず雨の中のカウンター納品。

まー、それなりの準備もしていたので事なきを得た、まではよかった。




納品が終わって会社に戻り、ふと携帯電話がないことに気づく。

慌ててなくなった端末に電話してみると、カウンター納品現場の大工さんが出て下さった。

現場に携帯を落としてくるなんて、本当に残念な二流のサラリーマンの私。




すぐに取りに行き戻ってくると、今度はアイパッドがなくなっている。

携帯をなくすことで動揺し、手に持っていたアイパッドをどこかに置き忘れてしまっている。

もはやかけることばもあるまい。



探すとすぐに見つかったものの、現場まで二往復して疲れ果てたせいもあり、雨で木が出せないと言い訳しながら午後はじっとして二流の暗闇に墜落している私。

ましてや、そもそも忘れ物を取りに車で移動したくせに、移動していること自体がまるで仕事をしている錯覚に陥り、充実感を感じているのですから手のつけようがないだろう。

極めつけは、17時の終業時には一人前に仕事をしたような顔をして会社を後にしており、もうつける薬がないというもの。


皆さまにはくれぐれも、私のような二流のサラリーマンにならないでいただきたいと祈っています。

Live Dwango Reader(LDR)が終了に 2017年7月30日

読みたいブログだけを抽出するネット上のサービス「Live Dwango Reader」(LDR)が2017年8月31日をもって終了するそうです。

いつからか忘れましたが、私はこの前身の「ライブドアリーダー」のときから愛用していました。

もう10年以上だと思いますよ。




やはり、フェイスブックをはじめとするSNSの台頭でブログの役割が薄れたのでしょう。

実際、これからはブログをやめてフェイスブックで情報発信しますという方が結構おられました。

サービス終了に伴いLDRが類似サービスをいくつか紹介していて、私もその中の一つInoreaderというブログリーダーに乗り換えました。

乗り換え作業をしているときに、登録している中でも更新をやめているブログがなんと多かったことか。

やめてはいないものの、更新頻度が減ったブログも結構あります(丸萬ブログなんてその代表ですが・・・)。




何回かこのブログで書いているように、私個人はSNS(ここでは丸萬も登録しているフェイスブックとします)とブログは異なった情報伝達の特性をもっていると感じており、さりげなく素早く伝えたいときはフェイスブック、読みたい人だけにじっくり語り掛けたいときはブログと、どちらか一つと言うより棲み分けされているものととらえています。

それは私の発信する情報の性質がそれぞれにマッチしているだけで、必ずしも皆さんにもあてはまるとは思っていません。





フェイスブックのネックとしては、ともすれば自慢と受け取られかねない記事を強制的に相手に送ってしまうという点です。

書き方に気を付けて送ったりしますが、そこに大きな抵抗を感じます。

個人としてなら問題ありませんが、会社がそれをやるとどこかいやらしさのようなものが・・・。

そういう場合は見たい人だけ見るブログが持って来いなのです。

結局当たり障りのない記事しか送れないのがフェイスブックなのかもしれません(個人的な感想)。





そういう私のような感覚を持ってかどうかはわかりませんが、いまだにブログを更新する方はいらっしゃるので、

今後も読み続けようと思います。


丸萬ヨ

オフィス2016を購入してわかったこと 2017年7月30日

最近会社のパソコンが壊れたり古くなったりして2台を同時に買い替えたところ。
(2台ともHP社製)

手持ちのソフトがいろいろ古くなっていて、新しいバージョンを購入しなければいけない場面に直面しています。



アドビのフォトショップエレメンツなんか現在バージョン15が出ているのに、いまだバージョン7を使用中。
(たぶん10年前にパソコンを買ったときにCDROMでついていたやつ)

そして今回買い替えを余儀なくされたのがオフィスです。
(ワープロソフトワードや表計算ソフトエクセルが入っているやつ)

これまでは、5年ぐらい前に購入したパソコンについていたオフィス2010のCDROMを使いまわしていました。

それを今回インストールすると、使うことはできるのですが「ライセンスが切れています」みたいな表示が出て、うっとうしいので観念して新たに購入することにしたのです。




現在の最新版はオフィス2016でした(Personalを購入)。

京都駅前の家電量販店に行ったら、(今更かもしれませんが)オフィスってもうCDROMではなくなっているのですね。

シリアルナンバーが当てられている紙のカードになっていました(オフィス2013かららしい)。

そして気になる何台まで使えるのかですが、2台まででした(3万2千円ぐらいで)。

もちろん法人向けに10台以上いけるものや、なんかよくわかりませんが1年限定のオフィス365soloというのもありました。
(1年限定というタイプが出ることで、対して従来タイプは「永続2台」と表記されるようになっていました)



そこで疑問。

2台までって、どうやって制限されるかです。

聞くと、インターネット経由でマイクロソフトがインストールを認識し、2台を超えると制限がかかるとのこと。

なるほど、なんか今風って感じですね。。

「パソコンが古くなって買い替える場合はどうなるのですか?」と聞くと、「アンインストールもネットを介してマイクロソフトが認識する。だから入れ替えも可能」とのこと。

おお、すごい(考えてみれば当たり前か)。


でも最近弊社ではパソコンが故障で立ち上がらなくなってお釈迦になったことがあります。

その場合はネット接続下でアンインストールができないわけです。

それについては「そういう場合はマイクロソフトに電話すればいい」とのこと。

なるほどね。安心しました。



そこでまた疑問。

最近パソコンをネットで購入した際、オフィスを付けるかつけないかの選択性になっていてつけなかった経緯があります。

それを付けていたなら、どんな仕様だったかです。

たとえばヒューレットパッカードの場合、オフィスプレミアムというのがPersonal(ワード、エクセル、アウトルック)で2万円とあります。

プレミアムというのはオフィスのほかにOne Driveやスカイプの無料通話がついているなどを1年間使用できるサービスです。

量販店の店員さん曰く、それは1台だけインストールできる制限になっているそうです。



弊社のニーズで言うと、そのプレミアム部分というのは当面は必要ないし、いわば1台分のオフィスPersonalで2万円だったということになります。

すると、パソコン購入時にセットでつけておくのではなく、2台分のオフィスを別に購入した方が安くついたわけです。

知らずに購入していたものの、結果的に安くついていてホッとしました。





オフィスの仕様が「永続」「2台」となったことで、

いつまで使えるのだろうと不安を抱えながらインストールすることや、いつのまにか制限に達して使用できなくなるようなことがなくなるかなと考えています。

つまり成り行きに任せるのではなく、パソコンも壊れる前に次のものを用意しようとか、新しいバージョンを睨んで計画的に行動できるとかの効果があり、嬉しく思っています。

気分が晴れ晴れしました。





余談ですが、メールソフトのアウトルック2010を使っている状態で今回アウトルックの2016をインストールしたら、過去のやり取りしたメールなどが自動的に移動されていました。

それだけでなく、メールの設定なども自動的に移行していて、インストール完了即引継ぎ使用可となっていたのです。

もう便利極まりない。

時代って進化していますね。

プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR