そういえばスピードラーニング2012年6月

昨年末、張り切って始めたスピードラーニング。

正直、サボっていました(汗)。

でも最近また少しは聞くようにしています。



なかなか習慣づかないものでして・・。

明確な目的もなく、必要にも迫られていないからなのですが(言い訳)。



しかしやっと、やる気になる理由ができました。

それは、やはりバイクでした(単純)。



私は今BMWというメーカーのR1200GSというオフロードバイクに乗っているのですが。

この「GS」の名のつくBMWバイクが世界中から集まってオフロード走行の腕を競う大会があります。

各国で予選を勝ち抜いたものだけが出場できる「GSトロフィー」という大会です。

日本でも少し前に予選がありました。

なんと、その予選通過資格に「英語が話せること」があるのです(涙)。



日本では想像できないような砂漠やジャングルをバイクで完走するには

バイクの腕前だけでなく、体力や、知力までも必要となるのは想像にかたくないと思います。

そして、参加者みんなが円滑にコミュニケーションを図るためにも英語を必須にするのはもっともなことだと思います。



私は英語だけでなく、腕、体力、知力すべて持ち合わせていませんので。

べつに英語ができないだけでいじけているわけではないのですが。

せめてこういった世界レベルの遊びにも英語の面だけでも参加しようと思えばできる素敵な自分になりたいな、と思ったわけです。



すこし本腰を入れてみたいと思います。

次は挫折しないように・・。

一つの目標は来年6月です。
スポンサーサイト

長距離移動時のヒマつぶしになります2012年2月

今日はたまたま車で長距離を移動する機会がありましたが。

そんなときは、たいていスピードラーニングを聞いています。

家族の集まる正月前後を除き、スタートした昨年11月から極力毎日聞こうとしています。


今は4巻の「文化の違い」と、3巻の「仕事の会話」を順繰りしています。

3巻は英語だけのCDを聞くことが多い。



これまでで少しは聞き取れるようになったかといえば、ノーです。

スピードラーニングは会話を丸ごと親しむ(覚える、ぐらい)ことで、会話のある場面だけでも得意分野として慣れ、そこを軸に応用力を身につけるような感じです。



わかりにくいので例えて言うと、私の場合、キーボードのブラインドタッチは「7つの文章を練習するだけでブラインドタッチができる」という本を見て覚えました。

スピードラーニングもそのブラインドタッチの方法と同じで、何枚かのCDを丸ごと覚えることにより、会話の応用力をつける(いつの間にか応用力がついている状況にする)という狙いがあるように思います。



だから、ある程度しっかりと日本語を理解しながら英語を聞けば、力がつきそうだと想像できるのですが。

今のところ「聞き流すだけ」で会話力が身につくとはとうてい思えない状況です。



とりあえず、今はそんな感じ。

また今後、何か気付きがあれば報告いたします。


あ、そうそう、一回電話で外国の方としゃべりましたよ。そういうサービスがついているのです。

スピードラーニングを始めてみますよ2011年11月

IMGP2303-0.jpg
以前からこのブログで公言しているとおり。

私は公私ともヒマでして。

これからは寒くなりバイクもそんなに乗れないということで。

ヒマつぶしに、かの有名なスピードラーニング(英語)でもやってみようと思いましたよ。




実は、私のヒマ人生は今に始まったことではなく。

京都から遠く離れた地で生きていた際も。

ヒマだったので、血迷ってドイツ語を始めたことがあります。

検定試験を何回か合格した後、会話学校に通いはじめ。

ドイツにも一応2回行ってきたものの。

結局は、会話学校の同じ生徒さんとランチをとるのが目的になっていましたw




このスピードラーニングは、私がドイツ語を習得しようとしたアプローチとま逆といっていいと思います。

継続できる限り、進捗状況をお届けする予定です。

んじゃ
プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR