FC2ブログ

緊急事態宣言 正式に全面解除されました2020年5月25日

北海道と首都圏4都県(埼玉千葉東京神奈川)に効力が残っていた緊急事態宣言が本日25日正式に解除されました。

ネット記事によると、8月1日には経済活動が全面再開される見通しとのこと。

うーん、よかったですわ。

うまくいけば7月ごろから経済が上向くことが考えられます。

どこまで耐えればのめどが立ったのでまずはやれやれです。




だからと言って、今後うちが仕事をいただけるのかどうかは別です。

コロナによって多くの無駄があぶりだされたといわれています。

テレワークが浸透していくなど、これまでとは違う世の中に変わっていきそうです。

仕事も今までのようにはいかないと考えるのが妥当でしょう。

これから競争・勝負が本当に厳しくなると思います。



とはいえ、まずは解除を歓迎です。

そして目の前のことを着実にこなしていきたいと思います。
(現時点日本累計感染者16581人、死亡者数830人)

丸萬ヨ
スポンサーサイト



不具合は突然やってくる2020年5月24日

いまコロナで時間があるので会社設備のメンテンナンス(会社内リフォーム)や倉庫整理を盛んに行っています。

と同時に、ホームページもメンテンナンスしているのですが。

こういう時に困ったことが起こりますね。


ホームページを作るうえでフォントの大きさにも気を使っています。

それが何が原因かわからないのですが、最近勝手にところどころ大きく表示されるようになりました。
(特に個別商品ページと、樹種別商品一覧ページ)

すごく見栄えが悪いのです。

「こうなっていますが私が決めてやったわけではないんですよ!」って言ってももちろん通用しません。

ひたすら直していくだけです。

ページ数が多いので1ページ1ページ直すのにうんざりします(今日40ページぐらい直しました)。

現在総ページ数は665なのであと625か、って、多すぎてげんなりしますわ。




余談ですが、最近ホームページをいじっている中で売り切れ商品ページを少しずつ消しています。

あと残り22ページです。

今年2月10日時の56ページからすると34も減りました。

商品を差し替える方法と単純に削除する(商品番号を間引くなど)方法を組み合わせて売り切れを減らしたのですが、

その分総ページ数も一時は最高679まで行ったのが現在665に戻りました。



今年は653ページからスタートしたので、12ページ増か。

とはいえ無駄なページを70ページぐらいなくしているので(作ったけどリンクさせていない結果無駄ページの削除・整理も含めて)、内容的には濃くなっていると思います。

こういう時間があるときにしかできない作業をやれたのは貴重な機会でしたね。

次につながるだろうと自己満足です。


丸萬ヨ

緊急事態宣言が解除されました2020年5月23日

5月21日に新型コロナウイルス関連特措法による緊急事態宣言が京都府も解除されました。

当初は延長され5月末までとされていましたが、収束ペースが速まったのでしょう。

経済のことも考えつつの絶妙の決断だったと思います。



宣言解除に伴い京都府知事による営業自粛要請もほぼ解除されています(ライブハウスなどを除いて)。

仕事帰りの国道沿いパチンコ店がどこもいっぱいでびっくりしました。

ま、自粛するときはして平時は楽しむ節度を持っているのであれば本当にパチンコが好きということなのでしょうね。

中毒とか依存症であればパチンコを楽しんでいるわけではないと思います。

依存というのは苦しいものですから。




さて、車の交通量もだいぶん戻ってきています。

うちが関係する建設業もこれから仕事が戻ってくるとは思います。

ただ、インバウンドもなく投資マインドが落ち込み慎重になっていますから、しばらくはスローペースかなと思います。

資金を使い続けてきての今からが本当に大変だと思います。



丸萬ヨ

経営者として問われているとき2020年5月18日

昨今のコロナに経営者としてどう向き合うか、今日お会いした方の話がとても興味深かった。

その方の業界も例によって貯蓄などしている会社は珍しく、その方を含め自転車操業がほとんど。

それでいて政府から3段階で自粛緩和される最後方に位置する業界。

自粛要請が長引くとこのままでは運転資金が回らなくなる会社であるとのこと。




そんな中、コロナはなくならない、どうやって付き合っていくかのスタンスで物事を考えると。


つまり、今の(営業自粛かそれに準じる)状態で今までぐらいの売り上げを上げなければならない。
(いわばビジネスモデルの変換が必要)

もしコロナがましになって売り上げが上がったとしても、上がった部分はボーナスだと考える。

そのためには次の二つの柱が必要

1資金調達
2ビジネスモデルの転換

まず1当面の資金調達としては、行政の補助金をフルに申請済み(申請期間は4日間とかが多い。合計で2~3百万円ぐらいだったかな)。

クラウドファンディングでも結構な額を集め済み(銀行に融資にお願いしに行くよりもめちゃくちゃ簡単に資金調達できるとのこと)。



次に2ビジネスモデルの再構築。

その方の業界では、人が集まれなくなった分、配信による収益化がポイントになっている。

そこでどうやって勝ち組に入るか、あらゆる策を講じられていた。

新しいビジネスモデルを考えることができて、むしろコロナはいい機会でもあるとの頼もしいお言葉。

まさに、自分がコロナから「あなたは経営者として大丈夫ですか?」と試されているようだ、とおっしゃっていた。

その答えとしていま奔走していると。






自粛要請を受けた飲食店が「補助金がその額では足りない」と愚痴を言っているのをニュースで見たとき、もやもやして引っかかるものを感じていました。

それは、またほかの方の言葉ですが、「独立した瞬間から、何が起こってもすべて自分の責任」という潔さが感じられないところです。

本日お会いした方の前向きさも、ニュースの愚痴のようなうしろ向きさの対極にありすがすがしく、すっと体に入りとても感銘を受けました。

こういう方といつまでもお付き合いいただける存在にならないといけません。

丸萬ヨ

ウルキュラナ材をアップしました2020年5月15日

ウルキュラナという木材をホームページにアップしました↓
20200512113414t-blog.jpg
http://www.maruman-kyoto.com/urucurana01_sys.html

今、コロナショックでひたすら倉庫整理を行っています。

改めて倉庫を眺めると、似たような在庫が散乱しまくっています。

木材なんてそうそう売れるものではありません(うちの会社では)。

動かない在庫一式を見ていると「今のニーズに合っていないんじゃないか」との妄想にかられ新商品をせっせと仕入れるわけです。

仕入れた時は「これはいま会社にないタイプの材や。せやし必ずすぐに売れる」と嬉々とするのですが。

会社に届いて改めてその姿を見ると、
「なんでこんな木を買ってしまったんやろう(似たような在庫がいっぱいあるやん)」となるのです。

そしてたまっていく一方で途方に暮れます。



しかし、このウルキュラナをはじめ近年仕入れた材はそうでないことを期待しています。
色の雰囲気もうちには珍しいほうですし。

コロナショックだなんだと言っても、木が売れないのはひとえに私の実力のなさが理由です。

もうそろそろ他人のせいにするのはやめないといけませんね。

丸萬ヨ
プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR