FC2ブログ

早朝出社始めてみました2019年3月17日

最近、朝早い目に出社しています。

始めてからまだ2週間しかたっていませんけど。



いろんな方のブログやフェイスブックを見ていると、早朝に記事を書いている方がいらっしゃいます。

昔の私なら「こんな朝早くに出社して物好きやなー」と思っていたのですが、

そういう方のやっていること、考えていることが少しわかってきました。




なんといっても、自分だけの仕事の時間を持つことができるのが最大の魅力です。

営業時間中ですと突然の来客や、用事を頼まれて作業が中断してしまいます。

また、今まではメールの処理や台帳記入、見積書作成などを営業時間中に行っていました。

しかし、なんとなく「これって営業時間中にやっていてよいことなんだろうか?」と不自然さを感じていました。

木材を触ることが主な仕事ですから、それを木がよく見える明るい時間で、
かつ怪我しても誰かがいて大丈夫な昼間の営業時間中に行い、
雑務は早朝に済ませ、雑務がないときは可能な範囲で木をいじる。

そう切り替えてみると、思った以上にすっきりしてきました。

まだできていませんが、しばらくほったらかしにしているホームページの更新も早朝にできればと思っています。




朝早く起きるということは夜早く寝るということです。

夜は今まで無駄にネットニュースをだらだら見続けていました。

それを寝る時間に変えたのです。

では、世間のことに疎くなったかといえば、それほどでもありません。

実は重度のネット中毒なので、昼間の少し空いた時間にこまめに見るニュースである程度は把握でき、夜はその復習がてら見ているようなものであることが判明したのです。

リラックスできていればそれはそれで有意義なんですけど。無駄具合がひどすぎました。




時間の使い方があるべき姿に戻ったことの気持ちよさ、無駄な時間をなくしたことの気持ちよさに加え、なんといっても朝の時間そのものがとても気持ちよい時間であります。

通勤も道路が混んでいなくて短時間で会社に着くことが来ます。




ではなにか不都合はないかといえば、まだ慣れていないので多少体がだるいというか、一日中眠いところがあります。

これは続けていくうちに改善されるだろうとみています。





そうすることで、一日のうち仕事時間の割合が増えることになります。

昔の私なら、「それ以外のことをやっていたい」「仕事以外でも充実したい」と思っていたかもしれません。

でももういい年齢にもなり、これまでまっとうな人生を送ってきたわけではありませんでしたから、

今後は仕事に人生をささげてみようと思います。



そもそも、この業界は斜陽で年々仕事は少なくなっています。

材木屋や木工所さんなんて年々縮小・減少傾向にあります。

仕事がなくなると所得もなくなり、ニアリーイコール人生が終わってしまうということです。

その時にならないとわかりませんが、新しい生き方を始められるような器用な人間でもありません。

いいのです。家に帰って寝るだけ、そして朝起きて会社に行く。残りの人生その繰り返しで。
(休みの日ぐらいは仕事以外のことをするでしょう)

会社がダメになったときはあきらめないといけませんが、その時にせめて「やることはやった」と思いたい。

できる限りこの会社にいられるよう頑張ってみるつもりです。


丸萬
スポンサーサイト

これからのパソコン選び―値段よりもスペック重視2019年2月12日

いままでパソコンを買い替えたタイミングで価格や性能の推移について書いてきました。

昔と同程度の性能であるならば価格はどう下がってきたか、に主眼をおいて品定めをしていたのです。

同じ性能で価格が安くなっていればよい買い物をしたという風に。

しかし、それは愚かなことだったと気づいたのです。




仕事でお客様にメールで写真を送る際、写真の画素数を下げたり向きを整えたりを複数枚行うとパソコンの動きが滞ります。

写真を開くのに10秒ぐらいかかっていたのも「遅いなー」ぐらいにしか感じませんでした。

仕事に差しさわりが出ていたことに気づかなかったのです。

それか無意識に気づかないふりをしていたのかもしれません。





でもやっと、それは仕事に対してパソコンがついて行っていなかったのだと気づきました。

最近の画像は画素数が大きく、パソコンの処理能力に負担をかけていることが想像できます。

OSやアプリが進化するにつれパソコンのスペックも上がっていなければいけないはずです。

そのことに気づくことができなかった自分があまりにも愚かに思えました。




いったん気づいていしまうと、もう気になって仕方ありません。

こうなったら会社のパソコンを買い替えるしかないと思っています。
(2年ぐらいしか使っていないのに。)



そのデスクトップパソコン、捨てるのもなんだし何か新しい使い道がないか模索中です。

それが見つかれば、それと仕事に差しさわりがあることの二つを理由にしてにして買い替えようと思います。

その分仕事を頑張るようにします。


丸萬

2019年の営業が始まりました。2019年1月7日

いよいよ今年の営業が始まりました。

今日はなかなかバタバタしていましたよ。

これまでの仕事始めの日で覚えがないくらい。

意外と、昔の仕事始めの日をどう過ごしたのか覚えていないものですね。

でもそれほど忙しくはなかった気がしています。





今年はまず月初めに届く購読雑誌『商店建築』に目を通す(通さない月もある)。

お客様にメール送信するための木の写真を撮る。

日ごろ御世話になっている方が2名お越しくださったので年始の挨拶としてしばし会話。

ご注文いただいている木工品の材料の手配もしました。

午前はこれでおしまい。




午後はまず、午前に完成した木工品を検品。するとなじみのお客様ご来店。一緒に木をいじってその後談笑。

途中で他のお客様から電話が入り書類作成、メール送信。

その後入れ替わりにほかのお客様が来店。終業時刻まで接客。


と、けっこうハードでした。







他のスタッフもけっこうバタバタしていたような気がします。たぶん。


仕事のメールは何も来なかったですけどね。



何はともあれ、このペースで今年は忙しくなってくれることを祈ります。



丸萬ヨ

丸萬ホームページの総ページ数2019年版 2019年1月6日

あけましておめでとうございます。

明日7日から営業を開始します。

本年もよろしくお願いいたします。





では早速ですが、今年も恒例のホームページの総ページ数を発表します。


年が明けるとホームページのコピーライト(ページの一番下の文字)を変更します。

今回の場合、「2010-2018」 を 「2010-2019」 とするのです。

その作業を行う際に総ページ数がわかります。

余談ですが、ホームページを作成してからもう10年目になるのですね。

効果はというと、やってよかったと思えるぐらいありました。

これからも続けないといけませんね。






と、脱線した話を戻して、

総ページ数は636でした。

2018年スタート時は606でしたから

636-606=30ページの増加です。

昨年は前半3か月ぐらいは猛ダッシュで新規アップしていたものの、

それ以降はほとんど触っていないのでひどい結果になっているのではないかと思っていたのですがそれほどでもなくてほっとしています。
(掲載商品が売れて差し替える場合はページ総数は変わりません。追加で商品を掲載するか、新しい企画ページを作った場合にのみ総ページ数が増えます)


とりあえず、今年1年で30ページ増やすこと(総ページ数666)を目標にしておきます。





確かに、昨年前半はけっこう暇でした。

しかし今年はすでにやることが山積で、ホームページに手を付けられるか不安です。

ましてや、商品を差し替えるだけでは総ページ数は増えないのに、現在売り切れ商品が多数あり、まずは差し替えをひたすらやっていかないといけない状況です。


弱りました。追い込まれています。




そんな自分のために書いておきたいのですが、何かを掲載しておくと誰かがいつか見てくれて購入してくれます。

「え?こんな商品でも?」と掲載した自分がびっくりするぐらいです。

そのため、どのような商品でも掲載はしておくに越したことはありません。いや、掲載すべきなのです。

それを例年にも増して肝に銘じ、今年を過ごしたいと思います。


丸萬ヨ

今年も一年間お世話になりました2018年12月31日

個人的な話ですが、年末に体調を崩して仕事納めの28日は会社を欠勤し、体調が戻ってきたのが本日31日。

まいりました。

本来なら28日にフェイスブックやインスタグラムで年末のご挨拶をしているところですが、やっていません。

いまさら書くのもどうかと思い、あまり誰も観ていないであろうブログで記すことにした訳です。(最近特にフェイスブックの閲覧数が減っていて同じかもしれませんが)




皆様には今年一年大変お世話になり、ありがとうございました。

弊社は年々少しずつ会社の内容が変わってきています。

在庫内容しかり、倉庫の配置・機能しかり、木工機械設備の内容しかり、人的資源の配分(リフォーム部門強化、分野横断的な協業体制の幅が広がった)しかり、個々のスキルアップ(資格取得(特に私の高所作業車運転が光っています))しかり。

時代が進むにつれ本当に少しずつですが変えてきています。

会社が変化しているということが、今後も少しは頑張っていけるかもしれないという根拠になっています。




発想力の欠如や年齢的な問題、後継ぎ問題、資金の問題など。

そうした様々な制約によって変われない会社は存続が難しい時代だと思います。

今のビジネスモデルが決して悪くなくて良い時を過ごしている場合でも、

ただ単に「飽きられ」て通用しなくなることだってあります。

車のモデルチェンジなんてそうかもしれません。

変わっていかないと消費者はついてきてくれないのだと思います。

たとえお客様が一回きりの付き合いの商材だったとしても。

それは商売をしていてひしひしと感じます。




前置きが長くなりましたが、来年も新しいことにチャレンジしていく年にしていきたいと思い、

引き続き皆様から頼りにされかわいがっていただけるような会社を目指しますので、

どうかよろしくお願いいたします。






年末は暇に任せて年末までの過ごし方をぐだぐだ書いてきました。

結局、倉庫の整理的なところはかろうじてやりましたが(中途半端ですけど)、

大掃除は全くやらずに終わってしまいました。

ただ、ほかのスタッフがやってくれていてかなり助かりました。



前にも書きましたが、来年は時間管理が一つの個人的な課題となっています。

会社の皆さんに迷惑をかけないよう私も頑張ります。


丸萬ヨ
プロフィール

ヨシタケ@丸萬

Author:ヨシタケ@丸萬
http://www.maruman-kyoto.com/

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR